sena0021’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sena0021’s blog

色んな記事を書いていこうと思います。最近はドラマのレビューを書いていますが、それ以外にも遊戯王などの記事を掲載していますよ!コメント・はてブもしてくれると嬉しいです。よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

新月曜ドラマ「貴族探偵」第1話感想※ネタバレ注意

今回は新月曜ドラマ「貴族探偵」第1話の感想を書いて行きたいと思います

 

今回のあらすじは

探偵である高徳愛香(武井咲)は知り合いである玉村グループの令嬢である玉村依子(木南晴夏)の元を訪ねる。

家に着いた愛香は依子の案内で地下にある「鬼隠しの井戸」を見に行くことになった。井戸に着いた2人は男の遺体を発見する。

警察である鼻形雷雨(生瀬勝久)と常見(岡山天音)がやってくる。捜査の結果、遺体の男は昨夜パーティーに参加した6人の内の1人であった。捜査していた鼻形のところに執事である山本が現れ、鼻形達は山本に案内されるまま謎の天幕に向かう。

天幕の中に入ると花瓶に水を入れていた運転手・佐藤(遠藤賢一)、お菓子を持ってきたメイド・田中(中山美穂)、鼻形達を呼び出した貴族探偵(相葉雅紀)がいた。貴族探偵を前にした愛香は「先に事件を解決する」と宣言し、捜査を再開させる。

捜査した愛香は犯人を突き止め、推理を始めるが間違えてしまう。代わりに貴族探偵が山本に指示を出し推理を始める。そして推理を披露した貴族探偵は、見事犯人を特定することに成功する。

貴族探偵に敗北した愛香は落胆するも、推理を自身で披露しない貴族探偵を探偵とは認めることが出来ず、貴族探偵にリベンジする事を決意する。

探偵事務所に戻った愛香は、師と仰ぐ喜多見切子(井川遥)にその話をする。そして愛香は切子に貴族探偵との関係を聞こうとするが、切子はいなくなっていた・・・

 

いよいよ始まった"貴族探偵"ですが、面白かったですね!最後の探偵事務所に貴族探偵がいたことも気になるところですね!切子と貴族探偵の関係は何でしょうか!?次回も楽しみですね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました‼

新土曜ドラマ「ボク、運命の人です。」第2話 感想※ネタバレ注意

今回は新土曜ドラマ「ボク、運命の人です。」第2話の感想を書いて行きたいと思います

 

今回のあらすじは

会社に貼り出された「新規営業10件達成で報酬10万円」を見た正木(亀梨和也)は営業に出かける。エレベーターで晴子(木村文乃)と会うが、相変わらず相手にしてもらえず別れてしまう。会社に戻った正木は晴子と定岡光國(満島真之介)が話をしているところを見つける。正木は話に割って入るが、定岡はあまり正木のことを覚えてくれていないようだった。

帰宅した正木は神を名乗る男(山下智久)から武器が無いと戦えないと言われ、その武器は"お金"であると言われる。その"武器"を手に入れるために正木は営業をより頑張ることを決意する。

一方晴子は帰りに定岡と会い、食事に誘われる。晴子は定岡と四谷三恵(菜々緒)の3人で食事をすることになり、昔話に花を咲かせ定岡と晴子の距離が縮まっているようだった。

正木は営業先でたまたま晴子の父・大地(杉本哲太)と出会う。そして、食事をすることになり親密になっていた。帰宅した正木は、男から定岡が晴子と一緒にいることを知ってしまう。

同じく帰宅した晴子は父親が正木とあったことを知ると、翌日正木を問い詰める。正木は偶然であり運命が後押ししてくれているのだと晴子に伝えるが、晴子は運命も信じられないし、その運命に私を巻き込まないで欲しいと言って別れる。

翌日、正木は晴子の会社に営業に行った際に晴子の誕生日が今日だと知る。正木は報酬のお金でプレゼントを買おうとするが、上司が勝手にそのお金で焼き肉屋を予約してしまう。

一方、晴子は一人で寂しく誕生日を過ごしていた。帰り道、突然雨が降ってきて雨宿りをしていた。そこに正木が現れ、正木は余ったお金で傘を買い晴子に渡そうとするが受け取ってもらえなかった。そこにたまたま別の誕生日パーティーの誕生日ソング?が聞こえてくる。それを聞いた晴子は、笑顔になりタクシーで帰るのだった。

帰宅した正木は手応えを感じていたが、神を名乗る男から定岡が晴子に誕生日メールを送っていること、そして晴子の心に残るのはその誕生日メールだと伝えられる。そして、定岡が連絡先を知っているのに正木はまだ連絡先を知らないことの差を指摘される。

翌日正木は出勤途中に定岡と会い、定岡から食事に誘われる。正木は参加すると伝え定岡と別れるが、そこで正木は神を名乗る男から「定岡は今最大のモテ期に入ってる」と言われたのが気になっていた・・・

 

大地が面白いキャラで面白かったですね!後、晴子が楽しそうにお風呂で歌っているのが可愛かったですね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

新金曜ドラマ「リバース」第2話感想※ネタバレ注意

今回は新金曜ドラマ「リバース」第2話の感想を書いて行きたいと思います

 

今回のあらすじは

村井の別荘に着いた深瀬(藤原竜也)、谷原(市原隼人)、広沢(小池徹平)、浅見(玉森裕太)の4人は楽しく夜ご飯を食べていた。その後、村井(三浦貴大)から連絡があり迎えに行くことになるが、深瀬以外の3人は飲酒をしており、深瀬は自分から行くことを言い出せなかった。そして話合いの結果、広沢が迎えに行くことになる。

しばらくすると村井から連絡があり、まだ来てないと言う。そして、広沢を探すため浅見と谷原は別荘を出る。そし別荘で連絡を待っていた深瀬の元に浅見から連絡が入る。それはガードレールを突き破り、崖の下に火災が発生しているということだった。

その半年後、警察の捜査により広沢の遺体が発見される。深瀬達4人は広沢の両親に謝罪するが広沢が飲酒していたことを隠していた。

 

話終わった深瀬は人殺し呼ばわりされる必要はないと言うが、話を聞いていた美穂子(戸田恵梨香)は「それは事故とは言えないよね?秘密があるのは罪があるということだ」と言われてしまい、家を出てしまう。

谷原はいつものように仕事へ向かい、作業中に電話をしていたが上司に見つかってしまい注意されてしまう。

一方浅見も家を出て学校へ向かおうとするが、車のフロントガラスにビールがかかった「浅見康生は人殺し」と書かれた紙を見つける。その事を知った深瀬は浅見と話をするが、飲酒した部員の指導会議があり浅見と離れてしまう。浅見は指導会議に出席し、部員の生徒に話を聞こうとするが部長は飲酒していないと嘘をつかれてしまう。

深瀬は美穂子に会いに行き話をしようとするが、取り合ってもらえなかった。深瀬は帰ろうとしたが、家に紙を貼った人とすれ違いになり深瀬は慌てて追いかける。美穂子を襲おうとしたが深瀬が追い払い、美穂子を助けることに成功する。

村井のところに小笠原(武田鉄矢)がやってきて、封筒を渡される。その封筒の中身は国会議員の娘と不倫しているところを撮られた写真だった。それをみた村井は小笠原と話をするが、小笠原はその写真は自分がしたのではないと言われる。小笠原は広沢の事故で運命を変えられた1人であることを村井に伝える。

深瀬のところにまたしても小笠原が現れる。小笠原はあの事故は"事件"かもしれないと深瀬に伝える。深瀬は驚きを隠せなかったが、「実は広沢を裏切り続けていた」と思うのだった。

時を同じくして、学校について教室へ行った浅見は黒板に「浅見康生は人殺し」の紙が貼られていたフロントガラスの写真がたくさん貼られているのを見つける。

一方谷原の会社や村井が所属する選挙事務所にも「人殺し」の紙が貼られていた・・・

 

深瀬の広沢への裏切りとは何でしょうか!そして次々に酷くなりつつある復讐、その犯人は誰何でしょうか!気になることがまた出てきましたね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

新木曜ドラマ「人は見た目が100%」第2話感想※ネタバレ注意

今回は新木曜ドラマ「人は見た目が100%」第2話の感想を書いて行きたいと思います

 

今回のあらすじは

 異動先になったクレエラ・ジャパンのロビーに着いた第3研究室の一行は、クレエラ・ジャパンの庶務課の岸根香澄(足立梨花)と森村美優(岡崎紗絵)に新しい研究室に案内される。そこで庶務課2人のSNSを確認してみると、豪華なパーティーの様子が投稿されていた。そして、その投稿の中に城之内(桐谷美玲)が参加する結婚式の会場についての投稿を見つける。

そして城之内、佐藤(ブルゾンちえみ)、前田(水川あさみ)の3人はパーティーに向けてビューティー研究を始める。

まず着ていくドレスから研究を始めるも上手くいかず、次にクラッチバッグの研究を進める。バッグを選び、街を歩いてみるも結果上手くいかなかった。

いつものように仕事を終わった3人は、クレエラ・ジャパンの代表である松浦栄子(室井滋)と國木田(鈴木浩介)と会う。そこで國木田から「次の結婚式ではしっかりとした服装で城之内は参加する」と松浦に言ってしまう。憧れの存在だった松浦に言われてしまった城之内は國木田に相談する。

庶務課の2人から美容室を進められるが、先にイヤリングについて研究を始める。そしていいイヤリングを見つける。

結婚式当日庶務課の岸根が予約した美容室に行くが、城之内はかなり緊張してしまい代金を置いていき美容室を飛び出してしまう。そしてそのまま結婚式に参加する。

結婚式が終わった後城之内は松浦と話をするが、そこで城之内はセルノスナノファイバーの研究を他の人がしていることやその研究データが欲しくて第3研究室の一行を仕方なく引き取ったのだと知る。

その事を知り落胆した城之内は、帰る途中に代金を返すため城之内を探していた美容室の榊圭一(成田凌)と会う。城之内は慌てて美容室を飛び出した事を謝るが、榊は「また来て下さい」と言われる。優しい榊に胸をうたれた城之内だった。

 

國木田と城之内のタンチョウの求愛ダンスの場面が面白かったですね!(笑)そして城之内は榊に恋をしてしまいますが、これからどうなっていくか楽しみですね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

主題歌「女子モドキ」をダウンロードして、今夜の第3話(10時から)も楽しもう!

女子モドキ

女子モドキ

  • JY
  • J-Pop

 

火曜ドラマ「カルテット」第6話感想※ネタバレ注意

今回は火曜ドラマ「カルテット」第6話の感想を書いて行きたいと思います。

 

今回のあらすじは

すずめ(満島ひかり)は家出中に出会った謎の男(宮藤官九郎)と共に過ごしていた。話をする内にその男は家森(高橋一生)の知り合いということが分かる。

しかし、すずめはその男は家森ではなく巻の知り合いであることに気づく。そしてすずめはその男を問いただすと、その男は巻の夫・幹生だった。そして幹生は、巻との馴れ初めを話始めた・・・

 

一方、巻(松たか子)は義母・鏡子(もたいまさこ)と話をするために教会へ行き、巻も鏡子に夫との過去を話始めていた・・・

 

当時2人はたまたまタクシーに乗り合わせたところから出会う。そして2人は付き合いを重ねる内に惹かれあい、結婚する。

巻は家族になることを想い、夫は恋人であることを想って過ごしていた。しかし夫婦生活は長く続かず、お互いにすれ違い始めていた。ひた隠して過ごしていた夫だったが、たまたま巻に本音を聞かれてしまい、夫は巻に話をしようとするが言う事が出来ず失踪してしまう・・・

 

全てを話終えた巻は、鏡子に離婚することを伝える。そして巻は家に戻ろうとする途中家森から連絡があり、別府(松田龍平)が会社に閉じ込められた事を知り、急いで家に戻るのだった。

 

すずめは幹生が失踪した後、強盗したことを知り警察に連絡しようとするが、幹生に手足と口を縛られてしまい口封じされてしまう。幹生は急いで家を離れようとするが、偶然にも家に侵入し巻のバイオリンを盗もうとした有朱(吉岡里帆)と鉢合わせしてしまう。

幹生はバイオリンを取り戻そうとするが、その際に有朱を突き落としてしまう・・・

 

有朱はなぜバイオリンを盗もうとしたのか?そして、幹生はこの後どうするのか?楽しみですね!

 

今回で夫婦の秘密が明らかになりましたね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました‼

金曜ドラマ「下剋上受験」第6話感想※ネタバレ注意

今回は金曜ドラマ下剋上受験」第6話の感想を書いて行きたいと思います

 

今回のあらすじは

 受験勉強に励む佳織(山田美紅羽)と信一(阿部サダヲ)。しかし最近成績が良くなく、信一はどうすれば学力向上に繋がるかを悩んでいた。

そんなある日、信一は保護者面談の際に徳川直康(要潤)に会い、話を持ちかけられる。その内容は"佳織と麻里亜(篠川桃音)を引き離す事"だった。理由は麻里亜も同様に成績が良くなく、全国模試を受けた際に以前よりも成績が落ちていたということだった。

信一は佳織に麻里亜と会わないように言ったが、佳織に聞き入ってもらえず喧嘩してしまう。信一は投げやりになり飲み会をしてしまうが、妻の香夏子(深田恭子)から事情を聞いた楢崎(風間俊介)が信一を説得し連れ戻す。

楢崎から説得された信一は佳織と話をして、これからは麻里亜を「友達」としてではなく「ライバル」としてお互いに頑張ることを決意する。そして翌日、信一は最後の思い出として直康に家族2組でバーベキューをすることを頼む。

バーベキュー当日、麻里亜と直康を待っている信一達の前に現れたのは直康だけだった・・・。

直康は麻里亜から「バーベキューに参加しない」と言われたこと、そして直康も自分自身の過去とも重なり麻里亜の事を優先したいと話した。信一は落ち込む佳織を見て、再度直康を説得しようとする。そして掴み合いになるが、そこに現れたのは麻里亜を含む佳織のクラスメート達だった。

佳織は麻里亜と一緒にバーベキューを楽しみながらも、改めてお互いに桜葉学園受験を約束する2人だった。

 

最後の麻里亜と佳織が一緒にバーベキューを楽しんでいるところが友情を感じられて、微笑ましくて良かったですね!(笑)それと直康が麻里亜の頭をクシャクシャってするのが親子のわだかまりが解けた感じがしたので良かったと思いましたね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました‼

新金曜ドラマ「リバース」第1話感想※ネタバレ注意

今回は4月14日から始まった新金曜ドラマ「リバース」第1話の感想を書いて行きたいと思います。

 

今回のあらすじは

大学時代の友人・広沢由樹(小池徹平)の3回忌から8年・・・

 

深瀬和久(藤原竜也)は冴えない日常を送っていた。そんな深瀬の唯一の特技はコーヒーを淹れることだった。

いつものように行き付けのコーヒー屋に行った深瀬はたまたまいつものところに座っていた女性・越智美穂子(戸田恵梨香)と出会う。美穂子と付き合う内、次第に深瀬は彼女に惹かれていく。

そんな深瀬の元に、大学時代の恩師の退官祝賀会の知らせが届く。祝賀会に参加すると、大学時代の友人である谷原康生(市原隼人)、村井隆明(三浦貴大)、浅見康介(玉森裕太)と再会し、祝賀会が始まる。深瀬の元に広沢の母・昌子(片平なぎさ)が来る。その後深瀬達4人と昌子で話をするが、気まずくなってしまう。

 

深瀬と別れた浅見・谷原・村井の3人は、突然広沢の事を聞いてくるフリージャーナリスト・小笠原俊雄(武田鉄矢)と出会う。広沢の事件の事を聞かれ慌てた3人は、小笠原からすぐに逃げてしまう。

翌日谷原と村井は、自宅で小笠原が来たことについて話をする。しかし村井の妹で谷原の妻である明日香が来たことにより、話を中断する事になった。

一方深瀬は、浅見が教師をしている学校へ資材を持っていく。しかし、そこで深瀬は生徒が飲酒しているところを見てしまう。深瀬は浅見にその事を伝え、浅見は生徒を取り締まってしまう。深瀬は余計な事をしてしまったと思い、気まずいながらも学校を後にしようとするが、そこに小笠原が現れる。またも深瀬に広沢の事件の事を聞かれるが、深瀬はなんとか小笠原から逃げ切った。

翌日、美穂子の元にある封筒が届く。それをみた美穂子は深瀬の家に行き、深瀬はその封筒の中の紙を見る。そこには「深瀬和久は人殺し」と書いてあり、深瀬は美穂子に"あの事件"について話をすることを決意し、話始めた・・・

 

2007年冬、深瀬・浅見・谷原・広沢・村井兄妹は大学生活の思い出作りにスノボ旅行をしようと計画する。当日村井兄妹は遅れて参加することになり、先に4人で宿泊先の村井の別荘へと向かう。

向かう途中、食事をしようと店に入るが広沢だけ「別の店に行きたい」と言い、別れて食べることにした。深瀬は谷原と浅見の3人で食事をするが、谷原は村井の妹・明日香に慕われている広沢の事をあまり良く思っていないようだった。

その後、深瀬のところに就職内定の通知が来る。深瀬は広沢に慌てて伝えに行き、それを聞いた広沢も喜んでくれるも深瀬は広沢が内定を貰えてない事を知る。深瀬は気まずさを感じるが、広沢はまだ将来の事を考えきれておらず、気にしてなかった。

 

深瀬は過去の話をしながら、忘れないであろうと思っていたその過去を思い出しきれていないことに気付き、思い出そうとするのであった・・・

 

果たして、封筒を送って来たのは誰か?

広沢はなぜ一人で雪が降る山に行ってしまったのか?

広沢が事故にあったその時、他の人は何をしていたのか?

広沢は誰に殺されたのか?

 

謎が多い初回でしたね!気になるところが多かったですが、今の個人的予想は美穂子が怪しいですね!まあ、そうなると封筒を受けとるシーンの説明がつかないかもしれませんが(笑)

次回も楽しみですね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました‼

このエントリーをはてなブックマークに追加