sena0021’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sena0021’s blog

色んな記事を書いていこうと思います。最近はドラマのレビューを書いていますが、それ以外にも遊戯王などの記事を掲載していますよ!コメント・はてブもしてくれると嬉しいです。よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

火曜ドラマ「カルテット」第6話感想※ネタバレ注意

今回は火曜ドラマ「カルテット」第6話の感想を書いて行きたいと思います。

 

今回のあらすじは

すずめ(満島ひかり)は家出中に出会った謎の男(宮藤官九郎)と共に過ごしていた。話をする内にその男は家森(高橋一生)の知り合いということが分かる。

しかし、すずめはその男は家森ではなく巻の知り合いであることに気づく。そしてすずめはその男を問いただすと、その男は巻の夫・幹生だった。そして幹生は、巻との馴れ初めを話始めた・・・

 

一方、巻(松たか子)は義母・鏡子(もたいまさこ)と話をするために教会へ行き、巻も鏡子に夫との過去を話始めていた・・・

 

当時2人はたまたまタクシーに乗り合わせたところから出会う。そして2人は付き合いを重ねる内に惹かれあい、結婚する。

巻は家族になることを想い、夫は恋人であることを想って過ごしていた。しかし夫婦生活は長く続かず、お互いにすれ違い始めていた。ひた隠して過ごしていた夫だったが、たまたま巻に本音を聞かれてしまい、夫は巻に話をしようとするが言う事が出来ず失踪してしまう・・・

 

全てを話終えた巻は、鏡子に離婚することを伝える。そして巻は家に戻ろうとする途中家森から連絡があり、別府(松田龍平)が会社に閉じ込められた事を知り、急いで家に戻るのだった。

 

すずめは幹生が失踪した後、強盗したことを知り警察に連絡しようとするが、幹生に手足と口を縛られてしまい口封じされてしまう。幹生は急いで家を離れようとするが、偶然にも家に侵入し巻のバイオリンを盗もうとした有朱(吉岡里帆)と鉢合わせしてしまう。

幹生はバイオリンを取り戻そうとするが、その際に有朱を突き落としてしまう・・・

 

有朱はなぜバイオリンを盗もうとしたのか?そして、幹生はこの後どうするのか?楽しみですね!

 

今回で夫婦の秘密が明らかになりましたね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました‼

このエントリーをはてなブックマークに追加