sena0021’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sena0021’s blog

色んな記事を書いていこうと思います。コメントもしてくれると嬉しいです。よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

火曜ドラマ「カルテット」第2話 感想※ネタバレ注意

ドラマ

今回は火曜ドラマ「カルテット」第2話の感想を書きたいと思います。

 

風邪を引いてしまい、アップするのが遅くなりましたが、書いていこうと思います。

 

 

今回のあらすじですが

 全員で夜ご飯を食べるところから始まります。その時の音声データを世吹(満島ひかり)が依頼人の鏡子(もたいまさこ)に翌日渡します。

その後、駐車場で別府(松田龍平)と真紀(松たか子)が写った写真を世吹が見ていると後ろから来た真紀から声をかけられます。写真の事を真紀に隠し、嘘をついて回避しますが、真紀はその時にカーリングのストーンを見つけて全員でカーリングする事に(笑)

その翌日、別府は同僚の結衣(菊地亜希子)とカラオケに行った際、そこで結婚する事を告げられる。

別府は戸惑いながらも結衣から結婚式の際にカルテット演奏して欲しいと依頼される。

別府はみんなにその事を告げたが、別府自身は悩んでいた。

その翌日の夜、真紀と別府と世吹で雑談をしていたのだが世吹が寝てしまう。その時に別府は真紀に告白をするも、強く激怒される。

その翌日、別府は結衣とカラオケに行きそのまま結衣の家に泊めてもらう事になる。一晩を共にした別府は、結衣と「もう、これで終わりにしよう」と話をする。

家に帰った別府は、世吹と真紀と家守(高橋一生)に改めてカルテット演奏をしたいと頼み、結衣の結婚式に演奏する。

その翌日、世吹は依頼人である鏡子に真紀が激怒した時の音声データを渡すと、鏡子は夫が失踪した翌日の真紀の写真を世吹に渡した。その後、家に着いた世吹は真紀が忘れて行ったケータイを見つける。そのケータイを探ろうとするも真紀が帰って来てしまう。

 

今回のあらすじはこんな感じです。

別府があの日にカラオケボックスに居たのは、偶然じゃなかったみたいですね~。まだ色々な謎がありますが、目が離せませんね~

 

最後まで読んで頂きありがとうございました

このエントリーをはてなブックマークに追加