sena0021’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sena0021’s blog

色んな記事を書いていこうと思います。最近はドラマのレビューを書いていますが、それ以外にも遊戯王などの記事を掲載していますよ!コメント・はてブもしてくれると嬉しいです。よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜ドラマ「下剋上受験」第4話 感想※ネタバレ注意

ドラマはもう終わってしまいましたが、引き続き感想を書いて行きたいと思います

 

今回のあらすじは

ある日、楢崎(風間俊介)が家に来る。香夏子(深田恭子)は楢崎を家に入れて話を聞くと、信一(阿部サダヲ)が仕事に一週間も来て無いという。

一週間前・・・・楢崎が業績を長谷川(手塚とおる)に誉められ、その際に「信一はこの件に関与しておらず、自分一人でやりました」と言ってしまい、それを聞いた信一は愕然とする。その後、信一は長谷川の一言で仕事を退職する。

一方、佳織(山田美紅羽)は学校に行き順調に過ごしていたが、麻里亜(篠川桃音)は佳織を見て羨み家族の差を感じ、いじめに合うようになっていた。

 

佳織と信一は"旅人算"を学び始める。そして、楢崎にも話し合って協力して貰い順調に勉強に励んで行く。

ある日、信一の元に父・一夫(小林薫)が来る。信一は一夫から香夏子が働きに出ようとしていると聞く。信一は香夏子を止めようとするが、香夏子は「なんで私を信頼して、頼ってくれないの?」と言い、強い意志を感じた一夫は香夏子が働くことに賛同する。そして、信一の思いとは裏腹に"夫婦逆転生活"が始まるのだった。

 

これが今回のあらすじです

感想としては、香夏子の"もっと信頼して頼って欲しい"という言葉が刺さりましたね。男性の方も言われた経験がありませんか?(笑)

それと、少しずつ出てくる佳織の同級生の健太郎が紳士的でイケメンでしたね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました‼

このエントリーをはてなブックマークに追加