sena0021’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sena0021’s blog

色んな記事を書いていこうと思います。コメントもしてくれると嬉しいです。よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

火曜ドラマ「カルテット」第5話 感想※ネタバレ注意

今回は火曜ドラマ「カルテット」第5話の感想を書いて行きたいと思います

 

今回のあらすじは

いつものように演奏を終えた"カルテット"は控え室へ戻ろうとするが、そこへ別府の弟に出会い話をする。その後、別府の弟の紹介で音楽プロデューサーの朝木(浅野和之)が現れ"カルテット"に音楽フェスティバルに参加しないかと誘われ、承諾し音楽フェスティバルに向けて頑張るも、演奏もまともに出来ず音楽とは関係ない演出を指示され当日には音源に合わせて演奏するように指示される。カルテットのメンバーは、辞めようとするが巻(松たか子)の説得により演奏を再開する。

音楽フェスティバルでの演奏を終えたすずめ(満島ひかり)は巻鏡子(もたいまさこ)に巻が無実であることを伝えようとするが「もうあなたはいらない」と言われる。その後、別荘に戻ったすずめは有朱(吉岡里帆)と巻に会う。すずめは有朱の言動やボイスレコーダーを見て、有朱が鏡子の依頼を受け調査に来たと確信する。有朱は巻の夫の失踪について執拗に巻から聞き出そうとするがすずめは、阻止しようとフォローする。しかし有朱の暴走は止まらず、すずめが有朱を引き留めようと腕を掴んだ際にボイスレコーダーが落ちてしまう。それを拾った巻は、すずめや有朱が鏡子の依頼で調査に来たことを知る。そして秘密を暴かれたすずめは別荘を出ていってしまう・・・

いや~、今回は有朱の暴走が怖かったですね!なんか鬼気迫るものがありました‼

もう、小悪魔じゃなくで普通に悪魔でした(笑)

 

後半急展開で進んだ第5話でしたが、次回も気になりますね!

最後まで読んで頂きありがとうございました‼

このエントリーをはてなブックマークに追加