sena0021’s blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sena0021’s blog

色んな記事を書いていこうと思います。最近はドラマのレビューを書いていますが、それ以外にも遊戯王などの記事を掲載していますよ!コメント・はてブもしてくれると嬉しいです。よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜ドラマ「下剋上受験」第6話感想※ネタバレ注意

今回は金曜ドラマ下剋上受験」第6話の感想を書いて行きたいと思います

 

今回のあらすじは

 受験勉強に励む佳織(山田美紅羽)と信一(阿部サダヲ)。しかし最近成績が良くなく、信一はどうすれば学力向上に繋がるかを悩んでいた。

そんなある日、信一は保護者面談の際に徳川直康(要潤)に会い、話を持ちかけられる。その内容は"佳織と麻里亜(篠川桃音)を引き離す事"だった。理由は麻里亜も同様に成績が良くなく、全国模試を受けた際に以前よりも成績が落ちていたということだった。

信一は佳織に麻里亜と会わないように言ったが、佳織に聞き入ってもらえず喧嘩してしまう。信一は投げやりになり飲み会をしてしまうが、妻の香夏子(深田恭子)から事情を聞いた楢崎(風間俊介)が信一を説得し連れ戻す。

楢崎から説得された信一は佳織と話をして、これからは麻里亜を「友達」としてではなく「ライバル」としてお互いに頑張ることを決意する。そして翌日、信一は最後の思い出として直康に家族2組でバーベキューをすることを頼む。

バーベキュー当日、麻里亜と直康を待っている信一達の前に現れたのは直康だけだった・・・。

直康は麻里亜から「バーベキューに参加しない」と言われたこと、そして直康も自分自身の過去とも重なり麻里亜の事を優先したいと話した。信一は落ち込む佳織を見て、再度直康を説得しようとする。そして掴み合いになるが、そこに現れたのは麻里亜を含む佳織のクラスメート達だった。

佳織は麻里亜と一緒にバーベキューを楽しみながらも、改めてお互いに桜葉学園受験を約束する2人だった。

 

最後の麻里亜と佳織が一緒にバーベキューを楽しんでいるところが友情を感じられて、微笑ましくて良かったですね!(笑)それと直康が麻里亜の頭をクシャクシャってするのが親子のわだかまりが解けた感じがしたので良かったと思いましたね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました‼

このエントリーをはてなブックマークに追加